クラブについて

【生命保険の基礎控除を利用した相続税対策

生命保険を利用した相続税の対策を行う人が増えて来ているので、生命保険と相続税について考えてみたいと思います。
生命保険での死亡保険金も当然ですが相続税の対象となりますが、遺族の生活を守る為に「500万円×法定相続人の数」だけ非課税枠が認められています。
つまり全ての資産を不動産や現金として残した場合にはその全額が相続税の対象になりますが、死亡保険金という形で受け取ると非課税枠分を控除されるので、結果的には現金や不動産のみで残した場合よりも多くの金額を残すことが可能となるのです。
つまり、相続税の対象となる現金を生命保険に変えておくだけで、大きな節税効果を生み出します。
他にも、不動産を相続した際に相続税の納付に困ってしまうことがよくあります。このような場合でも、生命保険の相続人を被相続人に指定していると死亡保険金を受け取ることが出来るので、不動産を売却することなく相続税を支払うことが可能になる場合もあるのです。
また、生命保険の保険金という現金が相続財産となることで、財産分与がしやすくなる点も大きなメリットです。
これは生命保険の場合は受取人を指定することになるので、財産を残す人が自分の意思を明確に残すことが可能だからです。
このように生命保険で残した場合には大きなメリットが存在するので、生命保険を利用した相続対策が人気となっているのです。