クラブについて

【相続税改正で生命保険の基礎控除が引き下げ?】

去年の1月に、相続税が改正されたことをみなさんご存知ですか?
改正の内容は、遺産にかかる基礎控除額が引き下げられるというものです。

<改正前>
5000万円+(1000万円×法定相続人の人数)
<改正後>
3000万円+(600万円×法定相続人の人数)

具体的な金額については上記の通りになります。
それでは、遺産にかかる基礎控除額が引き下げられると、わたしたちの生活にどのように影響するのでしょうか?
今まで、相続税というものは、資産を多く所有するお金持ちの人にかけられるものというイメージがありました。
しかし、基礎控除額が大幅に引き下げられたということは、所有している資産の金額が少ない人にも相続税の納税義務が課されることになるのです。
相続税なんて、自分の家庭には縁のない言葉だと思っている方も、もしかしたら相続税を納めなければならなくなる可能性があるのです。
そこで最近になって、このような新しい相続税の規定に対して「生命保険を利用し、相続税対策をする」といったお話が出てきました。
これは簡単に言うと、「資産」を「生命保険」という形に変えておくことです。
生命保険の中でも特に、死亡保険や終身保険などは、被保険者が死亡した時にお金が支払われます。資産の一部を生命保険料として支払っておいた方が、死亡した時に支払われる保険料金の非課税枠分が安くなるということなのです。
ただし、生命保険ならば何でもいいわけではないことが、この生命保険を活用した節税対策のややこしい点です。
<生命保険選びで守るべき2つのポイント>
1つ目は、死亡時に一定額がきちんんと支払われることが重要であるので、定期保険や養老保険は避けましょう。
2つ目は、生命保険は契約者・被保険者・受取人が異なると課税関係が変わってしまいますので、契約者は死亡者に、受取人が相続人となるようにしましょう。
以上、皆さんいかがでしたか?
2つのポイントを踏まえ、生命保険を上手く活用することで、一緒に賢く節税しましょう!