クラブについて

【相続税対策はお金持ちじゃなくても大事

相続税と聞いて、自分には関係ないと思う人は多いと思います。
資産が沢山ある人は大変だなあ、と他人事に思ってしまいがちです。
でも実際に庶民であっても知っとかなければ、後で悩まされることになるのが相続税なのです。
相続税の基礎控除は改正されて「3000万円+600万円×法定相続人の数」となりました。
お金持ちじゃないと思っていても、実際に数千万円あったという例も少なくありません。
自分が亡くなった後に残された家族が税金に苦しむ、あるいは親族でトラブルが起きる可能性はゼロではありません。
生きている間に相続税対策もしておくべきでしょう。
最近注目されているのが、生命保険で税対策するというものです。
本人契約で被保険者になった生命保険の受取人を配偶者か子供にすれば、基礎控除の分は非課税になり余程高額な保険金でない限りは税金を払わなくて済みます。
資産を残すためには定期保険ではなく、終身保険にする必要があります。
一時金で終身保険に加入するタイプの商品もあるので、対策として考えるのも一つです。
不動産などは相続も大変ですが、保険金となればわかりやすく税金を押さえる工夫もできるところが人気に理由なのでしょう。