クラブについて

【生命保険の相続対策、保険金の非課税財産

相続税は相続又は遺贈(遺言による財産の承継)により財産を所得した個人で、被相続人が亡くなった時において法施行地に住所を有する又は有しない者(特定の者を除く)に対し相続税が課税されます。
生命保険も民法上の財産では有りませんが、相続税法上みなし財産として相続税の課税対象となります。
しかし、相続税の非課税規定により相続税の課税対象に含まれない金額があります。その規定について説明します。
この規定は保険金を取得した相続人の生活保障を前提として規定されています。対象となる生命保険は被相続人が被保険者である生命保険又は損害保険金で、被相続人が保険料を負担していた部分です。
対象となる取得者は生命保険金を取得した民法上の相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人を除きます)に限られます。
次に非課税金額ですが「500万円×法定相続人(相続の放棄が有った場合にはその放棄が無かったものとした場合の相続人)の数(相続人が養子であった場合には一定の調整をした相続人の数)」となります。
<算式>                                       
民法上の相続人が取得した保険金額 
1、保険金の非課税限度額×民法上の相続人が取得し保険金の合計額
2、民法上の相続人が取得した保険金額-1=相続税の課税対象
このように1の金額が保険金の非課税金額として相続人が取得した保険金額から控除されます。